忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/19 20:39 】 |
小海線 佐久広瀬駅

野辺山発 11:53 佐久広瀬着12:08


hirose1.jpg 

乗ってきた列車が小諸方面へ去ってゆく。相変わらずの小雨模様。

小海線唯一の秘境駅である。


 

hirose2.jpg 

小淵沢方向。小さい待合室。しかし、あまり秘境駅の待合室っぽくはない。待合室の大きさに対して屋根がやけに大きい。

 

hirose6.jpg  hirose3.jpg
水色が結構なアクセントになっている。 広さは幅2.5m奥行き1.5mくらいか。狭い。この座布団がすごいね。地元の方が作られたのだろうが、ベンチ全面に渡る一枚物である。「広瀬長寿会」という方々がこの駅の面倒を見ていてくださるらしい。写真は掲載しないが、窓の上部にはJRからの感謝状が、何枚も額に入れられて飾られているのだ。

hirose4.jpg  ホーム横、駅入り口または待合室に至る道。「道」というか「あぜ道」である。写真の先のほう、ホームのはずれあたりまではアスファルトの道があり、車も来れるのだが、その先はこの道である。砂利道ですらない。うーむ。
 写真、右の谷間にむかって千曲川が流れている。日本一長い川の上流なのだ。



hirose11.jpg 目を転ずれば、それなりに建築物があるが、写っているのはみな、農作業小屋や農業施設である。実は写真のずっと左の方向に住宅が一軒あった。遠目で見ただけだが、あまり年数がたった家には見えなかった。比較的最近建てられたようである。

集落は、この農業施設の先、丘(?)を越えて1km弱くらいのところにあるらしい。

hirose7.jpg 
 ホーム側面。嵩上げされている。最後のスロープを無くしてしまったのはなぜなんだろう。しょうもない疑問ではあるが、やっぱり切符の回収の問題ですかね。





hirose9.jpg
 少し離れて高い所から。ちょうど13:35の小淵沢行が到着。いまさらながらおもちゃのような駅(待合室)である。





hirose12.jpg このあと、小淵沢に戻り中央線で帰るか、小諸から信濃鉄道-信越本線で帰るか、悩んだのでありますが、
後者を選択した。14:06、小諸行にてこの駅を後にした。ハイブリット列車だった。


PR
【2011/11/24 00:10 】 | | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<信越本線・・・ | ホーム | 小海線、小淵沢、野辺山>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>