忍者ブログ
  • 2018.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/09/21 21:15 】 |
11/9月4日(番外) 土讃線 土佐北川
 二日もいた阿波池田を出発。ようやく列車は動いたが、台風一過の晴天とはいかず、降ってはいないが曇天であった。この日はまず、新改駅へ向かうことにして池田発7:20の土佐山田行きに乗車した。その新改駅の3つ池田寄りにあるのが、鉄橋上の駅として有名な土佐北川駅である。
 この昨年の夏の旅では下車しなかったのだが、その前年、2010年の7月に尾道観光に行ったとき、なんとなく尾道から船で島伝いに四国今治に渡ってしまい、成り行きでここまできたことがあった。ついでなのでそのときの写真を掲載してお茶を濁しておこう。

be7fb74d.jpg 
 今見れば、この日は食パンマンだったのだな。高知行きが去っていく。列車の横、ホームの高知側端に階段がある。
kitagawa2.jpg 反対側の端から、池田方向。すぐトンネルである。下を流れる川は「穴内川」という吉野川の支流。川は写真奥方向に流れていて、(見ればわる?)10kmくらい先で吉野川に合流する。川の横の道路は国道32号線。四国の動脈の一つなので交通量は多い。
kitagawa3.jpg
 線路をを見れば、グレーチングを透かして川が。
kitagawa4.jpg 
 ホーム端の階段を下ると待合室。鉄橋の下なので薄暗い。自転車が一台。
kitagawa5.jpg
  写真の中央左にトイレへの矢印が写っているが、矢印の反対側が上の写真につながる。写真奥の方へ歩いていくとトイレがあり、道路に出る。橋が見えるが、右にいけば国道32号、左にいけば1kmほど先に集落があるらしい。

kitagawa6.jpg
 上の写真位置で振り返れば、通路は線路の横を川の反対側まで通じている。そして民家が見える。
kitagawa7.jpg 

  長い通路である。
以上、番外編 w。 次は新改駅。









PR
【2012/01/17 17:07 】 | | 有り難いご意見(0)
<<11/9月4日(1) 土讃線 やっと新改 | ホーム | 11/9月2日(2) 台風のため阿波池田にて足止め>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>