忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/21 06:18 】 |
11/10月14日 飯田線 為栗

平岡駅は立派な温泉施設、宿泊施設、レストランなどがある建物に併設されていた。飯田線、秘境ゾーンで食事などてきる駅はここしかない。しかしながらレストランによることもなく、土産売り場と一体なような待合室で弁当など食べた。時間があったので風呂などど思ってもこんな時間はまだ開いてない。実はレストランもまだだった。
飯田線秘境駅巡りをされる方は、時刻表の検討もさることながら、食糧計画をみっちり立てないとひもじい思いをすることになりますよ。老爺心か?

siteguri1.JPG  
 そんなこんなで為栗駅。平岡発11:36、為栗着 11:43。隣駅。
 写真はホームから豊橋方向を臨んでいる。天竜川がすぐよこにゆったりと流れている(ようには見えないが)。吊り橋がみえる。

 秘境駅にしては立派な取り付け道路があるが、車でここまで来れるわけではない。

siteguri9.JPG 
 飯田方向。道路は駅横で終わっている。白いのが待合室。ホームは弧を描いているが、このへんじゃ真っ直ぐなホームのほうが少数派である。

siteguri4.JPG 
 待合室。ベンチ上、左の箱は駅ノート等。

  sitegur5.JPG

  いまさらであるが、為栗 してぐり。
 難読駅である。
 しかし隣の ぬくた 温田 だって結構難読である。

siteguri6.JPG 
  吊り橋の方へ歩いてみた。
 小さな橋を超えたところで駅を見る。
 
 ちなみにこのあたりだと車が通るに十分な幅があるが。

siteguri10.JPG
 吊り橋の名はズバリ「天竜橋」である。
 橋の袂では、車が通れないようになっていた。この車止めがなくても吊り橋の幅は軽でも難しいだろう。なお、二輪車は通行可。
 吊り橋なので、歩くとそれなりに揺れる。
 この吊り橋を含め、駅までの道も長野県道430号だ。従って駅の横が430号の一方の起点なのだ。

siteguri11.JPG 
 橋の上から駅を見ていると特急伊那路1号 飯田行が為栗駅を通過していった。

 たまには特急にも乗りたいね・・・

siteguri12.JPG 
 13:17 豊橋行普通。
 私はこのあとの13:45 上諏訪行にて千代駅へ向かった。

 











PR
【2012/08/14 08:29 】 | | 有り難いご意見(0)
| ホーム | 11/10月14日 飯田線 田本(2)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>