忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/19 20:39 】 |
11/9月1日(3) 予土線 家地川駅
夏の旅を載せているのに、とっくに冬になり、その上年を越してしまいそうである。かっこ悪。ということですこしピッチを上げることにした。

さて、宇和島駅着14:35。
uwajima1.jpg 左が乗ってきた列車。折り返し松山行き。左がこれから乗車する15:28発、予土線窪川行きである。アンパンマンキャラは居なかった。

 左、線路と線路の間にジーゼル車の給油装置が見える。
ietigawa1.jpg あっという間に家地川である、わけない。17:36家地川着。70キロ強の距離を2時間かけて来た。





ietigawa2.jpg 木製の長椅子、窓にぶら下げられた時計はちゃんと動いていた。窓の外にはきれいな花が咲いているが、不粋者にて名を知らず。

待合室もホームもとてもきれいであった。
ietigawa4.jpg 
 宇和島方向。駅はトンネルを出てすぐのところにある。
ホーム下、花の向こうがわに見える建物には「ふれあい創作館」という看板が掲げられていた。トイレもここにあった。たぶん駅の乗客は使ってもいいのだろうと思うが、責任はとらない。
ietigawa5.jpg
 そのふれあい創作館の前から駅を撮る。線路は山際を通っており、高台になる。
ietigawa7.jpg
 ちがう角度から。ホームは鉄骨で組まれている。ホームの下に見える通路、線路の下をくぐって反対側に出られるようになっていたが、私のような部外者除けに(?)金網が張られていた。反対側は畑である。
ietigawa8.jpg  ごらんのように山に囲まれた場所である。山と山の間に四万十川の支流が流れている。そして駅周辺や、川に平行して走る道路沿いにはそこそこの集落がある。とても秘境駅なんていう雰囲気ではないが、車の通行も少なく、とても静かな夏の夕暮れという感じ。
 長閑です。
ietigawa9.jpg  
 遅ればせながら駅名表示板。いえ「」がわである。では変換しないので要注意。要注意。大事なことなので2度書きました。
当初はこのあと窪川に向かうつもりであったのだが、この駅に着く前に、車内から見た打井川駅(うついがわ)が気になって、いそぐ旅でもなし、戻ってみることにした。隣の駅なんだけどね。

しかしこの駅を出たのは18:35。さすがに暗くなり始めていた。











 
PR
【2011/12/27 12:38 】 | | 有り難いご意見(0)
<<11/9月1日(4) 予土線 打井川駅 | ホーム | 11/9月1日(2) 予讃線 串駅>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>